在庫車両製作

まいどですぅ~~~029.gif

モリスケでんがな。

福岡も本日は晴天なり。



ちなみにマイクテストでよく教頭先生が使う、

『あ~、え~、テス、テス、本日ハ晴天ナリ』

という決まり文句のような「本日は晴天なり」ですが、

語源は英語圏の無線用語の一つで、音を確かめるために

「It ’s fine today」という言葉が使われます。

これは【t’s】やら【f】の発音、todayの【tu】、など音を拾い難い英語の発音が、

この文章一つに入っているために用いられていたもので、

丸い眼鏡かけて綺麗な七三頭の日本人のおっちゃんが、

安易に直訳したことが広がり、現代でもそれが浸透してしまっているためで、

「本日は晴天なり」には何の意味もありません。

でも教頭は曇ってても、雨が降ってても言います。






本日ハ晴天ナリ







どうでもよい話しが予想以上に盛り上がっていますが、

お客様からよく納車整備って何するの??

車検整備って何するの??


そんなご質問を頂きます。




ALDGATEでは現在の所、

英国旧車、ロイヤルエンフィールド以外に、国産車ではSRのみを販売しておりますので、

SRの場合の一例を紹介します。


f0205962_113412.jpg


まずリアタイヤを外し、サスを外し、スイングアームを取外します。

簡単にスイングアームを外すと言いましたが、スイングアームの軸となっている

ピボットシャフトがグリス切れで錆付いている場合は、

これがまた簡単に外れず難儀します。

インパクトで締め付けたり、緩めたり、また締め付けたり、ラジバンダリを繰り返し、

後はプラハンで叩いてみたり。

それでも抜けない場合は・・・






スイングアームを切断。





f0205962_11384185.jpg


いま分解整備中の在庫車両はいとも簡単に抜けてくれました。

中にグリースが満たされていましたので、

ちゃんと定期的にグリスアップされていたのでしょう。

f0205962_11423678.jpgf0205962_11432712.jpg










ほーら、シャフトもインナーカラーもこんなにヌルヌルだよぉ~~






下品ですいません。幼少期から下品な育て方をされていました。

苦情は大阪の実家へお願いします。






古いグリスを除去し、新しい高級グリスでさらにビチョビチョにして、

スイングアームを組み込みます。

組み込んだ後にも、シャフトにグリスニップルを付け、

グリスガンでグリスを注入。

f0205962_11474326.jpg


強くしちゃダメよ。ダストシール破れちゃうから。

優しく注入してね053.gif




そいでブレーキのリンクを取り付けますが、

f0205962_11551990.jpg


10台中8台は、このブレーキシャフトのグリスが切れ、

錆びたり、硬くなったりしています。

ピボットシャフトはグリスガンで外から注入、いわゆるボラギノール式でできるのですが、

ここは分解しないとグリスを塗れません。






グリス切れててもわからんもんねぇ~~、外から見えへんもんね~~

台数を沢山売るバイク屋さんじゃめんどくさくて

一台一台こんな事してられへんもんねぇ~~

でもお金は納車整備代としてお金は取られてるんだよ~~~





ありがたくもALDGATEは整備にかかる前の在庫SRもお買い上げ頂く事が多々御座いますが、

納車整備の際にも同じ整備を行っております。

車検整備もまた然りです。

まったく整備しなくて安く車検を通す事もできますが、

お金で買える安心と安全は2年に1度買ってもいいはず。

他店で車両お買い上げの方の整備、メンテナンス、車検も大歓迎です。

実際、ALDGATEによく来られるお客様は6割が他店で購入されてます(笑)




ALDGATEの在庫車両も安心整備を行っておりますので、よろしくね。

そうやって整備して仕上がった車両がコチラです。


f0205962_126538.jpg

f0205962_1265957.jpgf0205962_1274625.jpg







ハンドル、マフラー、シート、エアクリーナーは新品、タンク&サイドカバーは塗装したてです。

エンジンも合わせて下半分(クランクケースカバー)黒塗り。

その他、ブレーキ&キャブレターはO/Hしてます。

価格は・・・







来店してモリスケにASK!!

by morisuke_aldgate | 2010-02-05 12:17 | 整備日誌  

<< ワンオフマフラー 新春SALE続編 >>