ROYAL ENFIELD

まいど~~029.gif

モリスケですたい。



バンクーバー五輪が始まってから、

モリスケはカーリングに夢中になってます。

見てる?カーリング。

仕事終わって帰ったらちょうど五輪が始まってて、

毎日カーリングに釘付けになっておりますが、

静かにアツいスポーツやねあれは。

技術もさることながら、精神力と対戦相手との駆け引き、心理作戦、

様々な要因が勝敗を左右するカーリングに

興奮してしまいます。

ロシア代表にルックスでは及びませんが、

戦う日本女性は美しい。

機会があれば見てみてくださいカーリング。

大阪行けば大概のおばはんの髪型は、







カーリング







豹柄よりも干支にちなんで虎柄が静かなブームなんだとか。



さて、ROYAL ENFIELD BULLETのカスタムでドッグインしたU氏の愛車、

サスを純正からエゲレスHAGON社の物に変更します。

しかもリアタイヤとフェンダーとの隙間が気になるという

小姑みたいなとこに目をつけたU氏の希望により、

20mmローダウンさせることにしました。

BULLET用に20mmショートサスなんて出ておまへんので

車重がほぼ一緒で、ちょうど20mm短い設定のHAGONサスを選択。

もちろんブッシュはBULLETに適しませんので、製作交換。

f0205962_18251736.jpg


スプリングが見えてないフルカバードタイプのものがHAGONサス。

短いでひょ?

それを取り付けると・・・

f0205962_18271043.jpgf0205962_18274636.jpg









[左]純正サスペンション                     [右]HAGON20mmショートサス




確かに若干タイヤとサスの隙間は狭くなってますが・・・・

ま、HAGONってとこに価値があるんやけど、価値観の違う人にとっては

どうでもいいんやろうね。

そんな事言ったらU氏が取り付けた

アルミ製スピードメーターギアなんかどないすんねん。

f0205962_18393121.jpg


左が今回取り付けたアルミ製スピードメーターギアで右が純正のそれ。

違いはアルミなのかプラッチックなのかってとこだけで、

別に速くなるわけでも、どーなるわけでもなく、

プラッチックがアルミになっただけ・・・・





しーかーしー!!そこに価値があるんよなぁ。

ALDGATEのお客様の中で脱プラスチックパーツは静かなブームで、

ENFIELDに限らずSRのお客様もスイッチ周りや、デコンプレバーや、

プラッチック系のパーツをアルミに交換するのがまた玄人的発想。




U氏今回の最後のカスタムは、フロントトリム。

昔のBULLETにも付いてた事のある、ドラムの回りを演出するパーツ。

f0205962_18494083.jpg


ただのアルミ製の円盤のくせに意外と値段がはるよなぁ。

U氏はお金持ちさんやのぉ~~~





しかもこれ、取付がバリめんどくせぇ!!

ブレーキドラムに合わせてドリルで穴を開けるんやけど、

穴の位置ギリギリガールズ!!

工賃サービスするんやなかった(笑)

f0205962_18522438.jpg




そんなこんでバタバタしすぎて取付後の写真撮るの忘れたから、

U氏また来てね。

もちろんカスタムだけでなく、エンジンオイル&ギアオイル交換もちゃんとしております。

ちゃんとメンテナンスしている彼のBULLET、

既に走行16,000kmを突破しましたが、

未だに故障しません。

ちゃんとメンテナンスしているからね。

メンテナンスしてたらエンフィールドも壊れにくいんですよ。




よく『エンフィールドはすぐ壊れるんでしょ?』



と聞かれることがありますが、

それは国産車と同じように乱暴に扱ったり、

まともにメンテナンスをしていないからです。

ちゃんとオイル交換して、他のメンテナンスさえ怠らなければ、

U氏のエンフィールドのように、福岡から熊本日帰りしても、

明後日から行く九州1週ツーリングしても(何回目?)元気そのもの。

インド人なめんなよ。

辛いカレー食わすぞ。





最後まで読んでくれてAsante010.gif

by morisuke_aldgate | 2010-02-22 19:10 | 整備日誌  

<< 春に向けて・・・ うちら陽気な三馬鹿トリオ >>