2010年 09月 25日 ( 1 )

 

中国船船長釈放

本日尖閣諸島沖で海上保安庁に逮捕され拘留されていた中国船籍船長が釈放された。

極めて遺憾。

外交戦略で敗北した事は明白で、尖閣諸島が日本の領土であるという事実すら揺らいでしまい、

今後、外国船が日本の領海に侵入しても処分されないという前例になりかねない。

福岡で中国人が事件を起こしても中国がしゃしゃり出れば釈放されるのか。

排他的領海水域内で自国の領土領海を命張って海上保安庁が守っても、

援護射撃をしてくれる政府はいない。

これで海上保安員が自信を持って己の仕事に取り組めるだろうか。

自国の領土・領海内で起きた事件は日本国の国内法で裁くべきであり、

捜査機関である地検レベルが中国との情勢に配慮して判断するのはいかがなものか。

那覇地検は外交もせにゃいかんから大変やねぇ。

なわけない。

これは間違いなく政府の判断であり、政府が釈放の責任を那覇地検に押し付けたのは明々白々。

菅直人をはじめ民主党幹部のほとんどが国家意識が希薄であることは

韓国での反日デモに参加した岡崎トミ子を国家公安委員長に起用した人事が象徴しており、

それが災いして表面化したこのお粗末な腰抜け外交。

日本国、日本人の危機に際しても民主党政権に国家を担う統治力はない。

『日中友好』なんてスローガンがいかにくだらない物かがわかった。








国家にとって、日本人という民族にとって国益とは単に経済のことだけではない。

長い歴史の中で先人が勝ち取り守り抜いてきたもっと大切な物がある。

by morisuke_aldgate | 2010-09-25 01:32